本文へスキップ

自宅で改善できる耳鳴り・難聴改善エクササイズ

あなたは最近、「耳が聞こえにくい」と感じたり、耳鳴りがしたり、頭がボーっと
してしまうことはありませんか?
もしそうなら、自分でも気が付かないうちに難聴の症状に悩まされていているのかも
知れませんね。

耳に不安がある方は、一度難聴度テストを行ってみましょう!
該当する項目にチェックを入れて「結果を見る」をクリックしてください。

人と話していて聞き返す事が多い
高い音が聞き取りにくい
低い音が聞き取りにくい
吐き気を伴うめまいが時々起きる
ストレスが溜まっている
寝不足が続いている
耳が詰まったような感じがする
常に大音量で音楽を聴いている
耳鳴りが長時間続くことがある
耳の奥が痛むことがある
食事のバランスが悪い事が続いている
音は聞こえているが、その内容が分かりにくいと感じる
瞬時に音を理解することができなくなる
複数ある音を聞き分けにくくなる
小さな音が聞き取りにくくなる


◆難聴進行度“0”のあなた
 あなたの耳は健康そのもの!でも油断は禁物!難聴はほんのちょっとしたことで起き始めます。
 心と体、そして耳に負担をかけない生活を心がけましょう。

◆難聴進行度“1”のあなた
 難聴予備軍です。今のうちに、生活の中の耳への負担を改善しておきましょう。
 仕事上で耳に負担がかかるようであれば、耳栓などの準備を忘れずに!

◆難聴進行度“2”のあなた
 難聴の兆しが出ています。普段の生活の中でも不便を感じ始めていませんか?
 ちょっとした症状でも進行していく可能性があるので、体全体から耳の健康の為のケアを行っていきましょう。

◆難聴進行度“3”のあなた
 難聴の症状が顕著に出てきているはずです。難聴の進行では、突然音が聞こえなくなるという危険もあります。
 今後の難聴対策を考えておきましょう。

◆難聴進行度“4”のあなた
 すでに難聴が進んでいます。まだ聞こえているうちに状態を確認し、聴力を失う前に対策していきましょう。

◆難聴進行度“5”のあなた
 いつ聴力を失うか分からない大変危険な状態です。すぐに難聴改善に取り組んでください!

あなたの難聴度は如何でしたか?

難聴に不安が有った方は、もう少しお読み下さい。

難聴というと、「年齢を重ねて耳が遠くなる」というイメージが定着しているため、
70代や80代の方以外は、難聴の症状を自覚していても、
「まさか自分が難聴なわけがない」と思い込み、放置してしまう方が殆どなのです。
それがある日突然、朝起きたとたん、耳の奥の方で「ゴォー」というもの凄い音が
聞こえるようになったり、テレビを見ていても、聞き取れない音があったり、
電話での会話が聞き取りにくく、日常生活や仕事に支障が出るようになり、慌てて
耳鼻科を受診すると、難聴と診断され、完治まで数ヶ月掛かると言われてしまったり、
慢性化してしまう人が少なくないのです。
また、病院を受診しても、難聴の原因を特定するのは難しく、
「ストレスと過労」
「高齢のため仕方ない。。。」といわれる方がほとんどで、原因が特定できないため、
治療の効果が発揮せず、「何度も病院をたらい回しにされた。。。」
「結局どこの病院でも治らない」と、難聴の改善を諦めてしまう方が多いのです。
昔は、『難聴=高齢者の病気』だったのですが、最近は、30代、20代、中には
小学生でも難聴で悩んでいる方がいらっしゃいます。

それに、残念ながらもうお亡くなりになってしまいましたが、歌舞伎の名俳優、
十八代目・中村勘三郎さんも、難聴で随分苦しんでいらっしゃいましたよね?
中村勘三郎さんは、ある日突然、もの凄い耳鳴りとめまいに襲われ、大学病院に
緊急入院して、様々な検査を行ったにもかかわらず、難聴が善くなるどころか、
原因すら分かりませんでした。
そして主治医からは、「もう役者は辞めなさい」と言われたそうです。
日本を代表する有名な役者さんですから、当然、著名なお医者さんが主治医でした
でしょうし、セカンドオピニオンもサードオピニオンも行ったと思います。
それでも、難聴を治すことが出来なかったのです。
それが難聴治療の現実なのです。
中村勘三郎さんの様に、まだ働き盛りなのに、難聴のせいで仕事が出来なくなったり、
ご高齢の方でも、耳が遠くて人とのコミュニケーションが取れないため、
人を疑り深くなったり、頑固な性格になったり、認知症がドンドン進行してしまう
ケースもあります。
そう、難聴は耳が聞こえなくて不自由なだけではなく、あたり前の日常生活まで奪われ
てしまう病気なのです。
「でも、補聴器をすれば大丈夫なのでは?」
あなたはその様に思われるかもしれません。ですが、難聴の唯一の救いである補聴器も
なかなか難聴の改善には役に立たないのです。難聴になってしまい、耳が聞こえにくく
なると、病院では補聴器の使用を勧められます。
ですが、補聴器は小さな精密機械のため、非常に高額です。
昔からある、ポケットに本体を入れて、コードがつながったイヤホンを耳に装着する
ポケット型補聴器で3万円〜8万円前後、耳の穴に入れて使うタイプの耳穴型補聴器で
7万円前後、最近主流の耳掛け式デジタル型補聴器だと、7万円〜40万円前後も
します!
ですが、いくら高額でも、補聴器を使用すればしっかりと耳が聞こえるようになれば
良いのですが、実際に補聴器をご使用になられた方がおっしゃるのは。。。
「補聴器をすればもっと聞こえるようになるかと思った」
「雑音が多くてつけていられない!」
「ピーピーというハウリング音がうるさい!」
「音は聞こえるが会話の内容までは聞き取れない」
「自分の声が凄くこもって聞こえる。。。」
「食事の時の噛む音が響いて不快だ。。。」
また、補聴器を使い始めると「常にサーっとした音がする」
「自分の声も他人の声も機械音の様で違和感がある」
「今までは聞こえなかったエアコンのリモコンの操作音や、冷蔵庫のモーター音が
聞こえたり、食器がぶつかる音が響いて正直とっても疲れてしまい、補聴器の使用を
すぐにやめてしまった」という方が多いです。
それに、耳が聞こえにくいというのは、本人だけではなく、ご家族にとっても大変
ストレスであり、悩みなのです。
難聴の患者さんを交えて他の人と話をしていると、ところどころ会話が聞こえないのが
原因で、トンチンカンな受け答えをするため、その度に訂正したり、通訳したり、
家の中でも、ちょっと離れた場所から「○○はどこにあるんだっけ?」なんて聞かれて
も、難聴の患者さんに聞こえる声の大きさで応えるには、よほどの大声を出さなければ
いけないため、その都度、疲れてしまうのです。
そんな生活を毎日送っていては、ついつい家族とはいえ難聴の患者さんとの会話は減り
難聴の患者さんは、ご家族や他人が、常に自分を仲間外れにしているような孤独感が
湧いてきます。そうなると、患者さんご自身も気が付かないうちに、気難しくなってし
まったり、怒りっぽくなってしまい、いよいよ家庭内がギクシャクしてしまうのです。
そこであなたに是非お勧めしたいのが、ご自宅に居ながら、難聴を改善する方法です!
でもあなたは、有名な大学病院に入院しても、著名な医者を主治医にしても治すことが
出来ない難聴を、自宅に居ながら治すなんて不可能だと思うかも知れません。

ですがご安心ください!!

難聴で医者からは「役者を辞めなさい」と言われた人気歌舞伎役者の中村勘三郎さんは
大学病院に入院中は、一向に難聴が改善されない状態で、病院のベッドに寝ているだけ
の生活を送っていました。
一日中鳴りやまない耳鳴りに、めまいが重なり、何もやる気が起きず、絶望的な気持ち
になったそうです。
それでも中村勘三郎さんは、大好きなお芝居を続けるために、奮起して全身のトレーニ
ングを開始しました。ウォーキングにはじまり、専属のスポーツトレーナーも付けて、
筋力トレーニングも行いました。
そうして中村勘三郎さんは、難聴を克服して、舞台に復帰することが出来たのです!
大学病院の治療では全く治ることのなかった難聴を、トレーニングによって改善する
ことが出来たのです!!
そう、病院では難聴を治すことは出来ませんが、自宅で行うトレーニングで、難聴は
治るのです。
ではなぜ、大学病院でも治すことのできない難聴が、トレーニングで治すことが出来る
のでしょうか?
それは、難聴というと、病院では耳だけにしか着目しないからです。というのも、そも
そも病院では、難聴の原因すらハッキリと解明することが出来ません。
なので耳の聞こえが悪くて、それでも耳自体に特に異常が無ければ、
「高齢のため」「過労やストレス」が原因として、難聴と診断しているケースがほとん
どなのです。
ですが、中医学に明るい方達は、難聴の原因を

■血流障害
■内臓疾患
この2つだとおっしゃいます。

人間の体は、血流障害が起きると、リンパの流れや細部の血液循環が低下し、さらに
小腸経が弱くなると、耳が遠くなったり、聞こえずらくなって、膀胱経や腎経まで弱く
なると、聴覚障害が起こるのです。
なので中医学では、耳は腎経が支配していると考えます。
腎経とは、主に腎臓に関係のある血液の循環のことです。
耳の不調である難聴を、耳そのものが原因ではなく、血流障害による腎臓の疲れだと
捉えるのです。
そう、聴力は内臓との関わりが非常に大きく、難聴の症状があるということは、他にも
大きな疾病が潜んでいる可能性が高いのです。

それを証明するかのように、歌舞伎役者の中村勘三郎さんも、ハードスケジュールに
よって過労状態が続いていた55歳の時に、海外旅行先で突然、特発性両側感音難聴を
発症しています。
中村勘三郎さんは、もともと耳の聞こえが悪かったわけでもありませんし、55歳と
いえば、耳が遠くなるような年齢でもありません。
それに中村勘三郎さんは、大学病院を出て、自宅でウォーキングや筋力トレーニングを行い、難聴を克服して一度は舞台に復帰したものの、その後、食道癌が見付かり、
残念ながら57歳という若さでお亡くなりになっています。
そう、難聴=耳が原因ではないのです!
そこに着目して考案されたのが、あなたにご紹介する、

【自宅で出来る今野式難聴改善エクササイズ】です!!

こちらの難聴改善エクササイズを考案された今野先生も、耳、音、声、それらを繋ぐ
要因は全て、耳、聴覚、更に音を伝達する脳までに原因があると考えていたのです。
しかし、いくら耳の周りや脳に働きかけても、難聴はほとんど改善しませんでした。
それが、全身へ目を向け、血流障害の改善に取り組み、内臓の機能が向上したとたん、
難聴がみるみる改善していったのです。
ですが、多くの方はそういった知識がなく、「難聴は治らない」と諦めてしまって
います。ですが、正しい方法で難聴の改善に取り組めば、自然と難聴は治る病気なの
です。
その証拠に、
今野式難聴改善エクササイズを考案した今野先生は、現在までに50,000人以上の
方の難聴治療に携わり、その90%以上の方の難聴を改善へと導いてきました。
あなたも是非、ご自宅にいながら難聴を改善することが出来る
今野式難聴改善エクササイズを実践して、難聴を克服してください。

難聴を改善!
 自宅で出来る〜今野式難聴改善エクササイズ



  被リンク眉毛を生やすマユライズマッスルエレメンツ 最安値、★被リンク増やす
  ・イオンカードセレクトキャッシュパスポート鼻づまり解消法・▲被リンクZ